カードでお金を借りるとカードを利用するのとは意味が違う?

一言にカードと言っても、クレジットカードのようにショッピング決済ができるもの、キャッシング機能が備わったクレジットカード、カードでお金を借りることだけを目的としたカードローンがあります。そのため一言にカードを利用すると言っても厳密には意味が違います。それはショッピングとキャッシングでは規制している法律が違っているため、金融商品としても別のものだからです。カードの利用と言えばショッピングを指すこともありますので、カードでお金を借りる場合とは分けて考えたほうがよいでしょう。
カードでお金を借りる場合、クレジットカードの場合はキャッシング枠の設定をしておく必要があります。申し込み時に希望金額をゼロ円にしているとショッピングしかできませんが、希望額を書いて審査が下りていればすぐに借りることができます。銀行以外が発行しているカードの場合は貸金業法によって規制されており、総量規制の対象となっています。銀行発行のクレジットカードについているキャッシング機能は総量規制の対象ではないものもあります。一般的に同じ金額を利用した場合でも、キャッシングのほうが金利が高く設定されていることが多いでしょう。限度額は利用状況によってカード会社が自動的に増額することもありますし、申し込みをすることによって増額することもできます。カード会社によっては一時的な増額をしてくれるところもありますが、原則として翌月にはまとめて返済する必要があるため、一時的な増額をしたあとの支払いには注意が必要です。