カードローンでお金を借りるメリットは?

カードローンの強みは低金利

お金を借りる機関として、大きく分けて消費者金融機関と銀行によるカードローンの2種類があります。消費者金融と銀行カードローンの大きな違いはなんだと思いますか。それはなにをさしおいても金利の違いといえます。消費者金融機関の平均金利は、5%~18%で設定されています。それに比べ、銀行カードローンの平均金利は3%~15%なのです。これだけではあまりピンとこない方も多いかもしれませんが、数字の大きさが違うことはわかるでしょう。最大の金利のちがいはわずか3%です。ですがこの小さな数字でも出て行くお金がまったく違ってくるのです。例えば10万円の借入を両者でしたとしましょう。たいていの金利は最大が適用されやすいので、それぞれ、18%と15%の金利が課されるとします。わかりやすくするためにこの借入を1年とおして返済していくとします。すると利息の差は4000円以上にもなるのです。借入金が増え、返済期間が伸びればその分この差額は開いていきます。お金が必要で借入をしなければいけない状況の中、すこしでも手元から出ていくお金を抑えるためにも、金利がわずか数パーセントでも低い方が得だということがわかったのではないでしょうか。
さきほど銀行カードローンの平均金利は3%~15%と述べましたが、大手銀行によっては金利を3.0%~7.0%で設定し借入している銀行も存在します。これがどれほど大きなメリットかはもうお分かりでしょう。