制震とは(耐震・免震比較)

地震対策には耐震・免震・制震の工法があります

耐震とは

建物の骨組みなどを強化し地震の揺れに対し建物の崩壊を防ぎます。

制震(Hiダイナミック制震工法)とは

地震時に発生する建物の揺れを制震装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくく揺れを低減する仕組みです。それにより揺れをしっかり抑えます。

免震とは

地震の衝撃(揺れ)を吸収し、地震のエネルギーを建物に伝わりにくくする仕組みです。

「耐震」 建物全体を硬く固定することで衝撃に耐える工法

耐力壁を増やしたり、接合部を固めて建物の骨組みで地震に耐える工法。大きな地震には、建物の骨組みを損傷させてエネルギーを吸収する仕組み。

「制震」 建物の一部に可動部分を設け衝撃に耐える工法

土台と梁の中間に設置した振動吸収装置が建物の振動を吸収して建物の揺れを軽減する仕組み。

「免震」 建物全体を可動体とし衝撃に耐える工法

基礎部分に免震装置を入れて建物と地盤を切り離し、大地震の振動を建物に伝えにくくする仕組み。


 

ポイント
建物の揺れ自体は減少せず、二次災害は避けられません。

 

ポイント
建物内の揺れを軽減することができる。二次災害も軽減できる。

 

ポイント
建物内の揺れ及び家具転倒はほとんどなく、二次災害も避けられます。


一言コメント

上記の通り、揺れの軽減率・二次災害を避けるには「免震」による地震対策がもっとも有効であることが判断頂けると思います。しかし「免震」工法の最大のデメリットは導入コストにあります。

「免震対策」、「制震対策」のコストを比較すると、新築住宅建築時には約4倍~5倍の差がでるといわれております。さらに、「免震対策」は軟弱地盤では使用できません。地盤を選びます。

当社の提案するHiダイナミック制震工法は地盤を選ばず導入でき、安価で確実な地震対策ができる工法として、現在、注目を集めています。

GHハイブリット制震装置の特徴はこちら


ページトップへ